小・中・高校

体験入学

「カナダの学校に通うってどんな感じ?」「興味あるけど、長期留学はハードルが高い」と考えているが学生にピッタリなのが体験入学。1週間から1年間体験入学可能で、実際にカナダ人生徒と一緒に授業を受けることができます。※体験入学中に履修した授業が単位となるかは、在学中の日本の学校にご相談ください。

進学留学 (長期留学)

カナダの学校を卒業することを目的とする留学。入学時に英語のレベルは問われませんが、英語のレベルが低い場合は、入学後に通常の授業に加えて留学生用英語コース(ESL)を履修することになります。(ESLがない学校の場合は、放課後などに英語の補習がある場合も)

サマープログラム (夏休み)

学校や学区によって、夏休み期間中に1週間~8週間ほど留学生用にサマープログラムを開講しています。午前中に英語の授業、午後や週末に観光やアクティビティを盛り込んだプログラムが多く、カナダを満喫しつつ楽しく英語が学べる機会になっています。

カナダ 小・中・高校 基本システム

カナダでは、ほとんどの学生は公立の学校に通います。多くの地域で、K(幼稚園/5歳~)もしくはGr1(小学1年/6歳~)から学校に通い始め、Gr12(高校3年/17または18歳)で高校を卒業することが多いです(総称:K‐12)。公立の場合、各州の教育省のもと、各学校学区(SD)が全ての学校教育プログラムを管理しています。そのため入学方法は日本と違い、学生は学区へ学校入学希望の連絡をし、学区が学生の希望に合わせた学校を探すという形になっています。(特定の学校を希望したりすることもできますが、各学区のシステムや空き状況によります。)私立の学校の場合は、各学校が独自のカリキュラムやプログラムを持っています。私立校の場合は、学校に直接申請する形となります。

学年や年齢・入学時期

日本では学年を分ける際に、4月に生まれた子どもから翌年の4月に生まれた子どもまでが同じ学年となりますが、カナダでは1月生まれから12月31日生まれまでが同じ学年となります。入学時期は9月がメインであり、学校や学区によっては2月などでも学生を受け入れている場合があります。日本と違い、中学校がない地域もあり、その場合は中・高校一貫でSecondaryとなっています。尚、学校によりこの表に当てはまらない場合もあります。

※州名:AB アルバータ・NL ニューファンドランド・PE プリンスエドワードアイランド・NS ノバスコシア・NB ニューブランズウィック・ NU ヌナブト・NT ノースウェストテリトリーズ・BC ブリティッシュコロンビア・YT ユーコン・MB マニトバ・ON オンタリオ・SK サスカチュワン・QC ケベック

※表のシステムは一例であり、州や学区、学校により入学できる年齢や学年制度は異なります。義務教育は12年生(高校最終学年)までであるため、高校卒業後の進路は大学進学や就職など様々です~

リニア制・セメスター制

カナダの学校にはリニア制とセメスター制というシステムがあります。リニア制は通年で単位を取得するシステムとなっており、セメスター制は学期ごとに単位を取得するシステムとなっています。リニア制は基本的に9月から6月までを一つの学期(学年)とし、セメスター制は基本的に9月から1月を一学期、2月から6月を二学期としています。(7・8月は長期休暇である場合が多い。)そのため、リニア制を利用している学校の入学日は基本的に9月のみですが、セメスター制を利用している学校は9月と2月両方に学生を受け入れている場合があります。

単位・卒業

日本の高校では基本的に学校が全て取得すべきクラスを決め時間割などを作成しますが、カナダの高校は大学のシステムと同様で学生が自分で取得単位を決める場合が多いです。卒業のための必須科目(Requirements)と選択科目(Electives)から自分がその学期で取りたい単位を選び自分自身で時間割を作成するスタイルとなっています。必須科目を含めた学校指定の単位、その後に学年末に受験するProvincial Examと呼ばれる州ごとで課されている統一試験での点数を合わせたものがその学年での成績となり、特にGr12ではこれによって大学進学などの進路が分かれるという場合もあります。

部活動

カナダの学校には日本のような部活動システムはありません。しかし、それぞれのシーズンに合わせて様々なスポーツチームが活動をしていたり、アクティビティなどを催したりしています。広大な自然があるカナダだからこそできるスポーツやアクティビティなども多くあり、学生は充実した学校生活を送ることができます。

入学の際の必要書類

入学申請書/学校からの英語での推薦書/現在を含めた過去2 年間の英語での成績証明書/パスポートのコピー(顔写真のページ)/顔写真(パスポートサイズ)/学生本人のエッセイ/英語での予防接種の記録 などが必要であり、場合によっては他の書類も必要ことがあります。