iPadやタブレットを使って効率よく勉強する方法

IG: Ig @ trangsadventures
iPadやタブレットなどを使ってノートをとる方法は、授業を受ける学生にとっても一般的なツールになりつつあります。この記事ではタブレットをノートとして使用するうえでのTipsをいくつかご紹介していきます。
 

ノートをとるための便利なアプリを見つける

まず最初に、メモ・ノートをとるために使うアプリを選びましょう。アプリを選ぶ際は、使いやすさ、アプリ自体の容量の大きさ、フォーマット、などを比較してみてください。オフラインでメモを編集・表示できるもの、たくさんの視覚効果が可能なもの、さまざまなアプリを比較して使いやすさを感じるものを見つけてください。 人気のアプリの例: Googleドキュメント, GoodNotes, Evernote、 Microsoft OneNote、 ブーストノート

 

ノートの形式を決める

ノートをとる形式をあらかじめ決めておくと、より効率的に整えられたノートを作成できるでしょう。 コーネル式やアウトライン式、バレットジャーナル式など色々なノートの取り方など様々あります。一般的によく知られているのはアウトライン式になります。講義をさまざまなセクションまたはカテゴリに分割してノートを取るのがこの方法です。また、コーネル式はノートを取る欄と疑問点をメモする欄、そしてまとめを記入する欄に分ける方法です。

 

視覚効果で工夫を

視覚的に物事を捉えるのが向いているという方にもタブレットでノートをとる方法は最適です。色を付けたり、写真やチャートの挿入をしたりすることが簡単で素早く行えるからです。これらの視覚ツールはすべて、教材を効果的に学習するのに役立ちます。

追加編集で学習効果を高める

家に帰ってから復習する際にノートを編集し、メモを追加しましょう。関連情報を追加することで講義内容をよりよく理解し、学習している内容の全体像を把握するのに役立ちます。また、試験勉強を効率化するためにもドキュメントにラベルを付けたり、フォルダーを作成したり、特定のドキュメントをグループ化するなど、効果的に整理することをおすすめします。紙で見たい場合はプリントアウトをするのもありです。 デジタル上のノートは簡単に素早くノートを作成できる便利なツールです。また、紙面でもデジタルでもノートをとる能力は必須ですので、 ライティングスキルを高める努力も忘れないようにしましょう

 

関連記事はこちらをご覧ください。

LINEで問い合わせる
問い合わせる

お問い合わせ

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、japan@fsscanada.com 宛にお問い合わせください

    関連記事

    カテゴリー検索:

    Categories

    キーワード検索:

    人気の記事

    LINEで問い合わせる
    問い合わせる