money, coin, investment

カナダ人はお金を”ドル”と呼ばない!?カナダのお金の完全ガイド

どこで生活するにもやっぱり必要なのがお金。カナダはクレジットカード文化といっても、現金はやっぱり必要です。もちろん、カナダの通貨は日本のものとは全く違いますよね。はじめはレジでコインをどうやって出したらいいのか戸惑ったり…。しかもコインの見た目が似ているので、区別がつかなかったりもしました。

 

そこで、今回はカナダのお金に関してご紹介したいと思います!

 
 

カナダのお金の基本情報

 
 

カナダでは、$0.5、$0.10、$0.25、$1、$2のコインと、$5、$10、$20、$50、$100のお札が使用されています。1カナダドルはおよそ85円から90円程度です。

 

商品などは1セントごとで区切られていますが、現金では1セントは流通していないため、実際には繰り上げ、切り捨てで計算されます。

 

例)$4.98=$5.00

  $12.52=$12.50 

 

となります。クレジットカードで支払う場合は1セントごとで引き落としされますのでご注意を!

 
 
 

カナダ人はお金をドルで数えない?カナダ人のお金の呼び方

 
 

通貨はセントやドルで回っていますが、カナダ人の方たちは別の呼び方をすることもあります!最初はなれなくて戸惑いますが、慣れると簡単で便利ですよ!

 

コイン:

$0.05=5 cent coin=A nicle

$0.10=10 cent coin=A Dime

$0.25= 25 cent coin= A Quarter

$1= 1 dollar coin= A Loonie

$2= 2 dollar coin= A Toonie

 

お札:

Five dollar bill = five bucks

Ten dollar bill = ten bucks

Twenty dollar bill = twenty bucks

One hundred dollar bill = a hundred bucks

One thousand dollar bill = a thousand bucks

 
 
 

カナダのお金の見分け方

 

最初に一番困るのがお金の見分け方。

2ドルや1ドルは色もついていて見分けやすいのですが、問題は25、10、5セントコイン。しべて銀色で大きさもほぼ一緒!レジの前であたふたしたことも…。

 

25セント:銀色の中で1番大きく、側面にギザギザがあるもの

10セント:銀色の中で1番小さく、側面にギザギザがあるもの

5セント:銀色の中でも真ん中の大きさで、側面にギザギザがないもの

 

大きさと側面にギザギザがあるかないかが大切なポイントです!

 
 
 
 

参考になりましたか?カナダ生活の手助けになれば嬉しいです!

LINEで問い合わせる
問い合わせる

お問い合わせ

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、japan@fsscanada.com 宛にお問い合わせください

    関連記事

    カテゴリー検索:

    Categories

    キーワード検索:

    人気の記事

    LINEで問い合わせる
    問い合わせる