ビザの種類

カナダ政府公認移民コンサルタント在中

カナダ本社にカナダ政府公認の移民コンサルタントが在中しているので、ビザ申請も安心!

観光ビザ

日本国籍保持者はVisa-exempt travellers(ビザ不要旅行者)という部類に含まれる為、学生ビザや就労ビザを取得することなく最大6ヶ月カナダに滞在することができます。その際には、eTAと呼ばれる電子渡航許可を申請する必要があります。eTAに関しては以下のeTAの欄をご覧ください。

学生ビザ

カナダで6ヶ月以上学校に通われる場合は、学生ビザを申請する必要があります。学生ビザの期間は就学期間や書類を確認する担当者により異なります。高等教育機関(大学、カレッジ、専門学校等)であり、かつDLI番号と呼ばれる番号を保持している学校にて、フルタイムでアカデミックプログラム(ESLを除く)を履修されている学生は、学生ビザにおいて週20時間の就労が認められています。これは、オフキャンパス、オンキャンパスどちらでも可能です。また、条件を満たす場合には、長期休暇時にフルタイムで働くことも可能です。

就労ビザ

就労ビザはカナダで働くためのビザです。多くの場合、雇用主からの書類や残高証明などが必要になります。ワーキングホリデービザや、Co-opビザ、ポストグラデュエート就労ビザに関しては以下をご覧ください。

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザは18歳以上30歳以下で日本国籍を保有する人が、観光、就学、就労目的で申請するビザです。ワーキングホリデービザは一人一度のみ使用することができ、最大1年間の滞在をすることができます。6ヶ月以上の就学や1年以上の滞在をすることは原則できません。

Co-opビザ

Co-op(コープ)ビザは学校のプログラムにCo-opがある場合に申請をすることができるため、Co-opビザと合わせ学生ビザも必要となります。また、学校のCo-opに関する書類を提出する必要があります。

ポストグラデュエート就労ビザ

ポストグラデュエート就労ビザは高等教育機関卒業後に申請することができる就労ビザです。詳細はポスグラ就労ビザのページをご覧ください。

バイオメトリクス認証

バイオメトリクス認証はビザ申請に必要な書類の一つです。詳細に関してはバイオメトリクスのページをご覧ください。

eTA (電子渡航許可)

eTAは日本国籍保持者(アメリカ国籍やカナダの市民権、永住権を保持している場合を除く)がカナダに空路で渡航及び乗り継ぎをする際に必要な許可書です。オンラインで申請することができ、申請にはパスポート情報が必要です。尚、アメリカに渡航及び乗り継ぎされる際にはeSTAの申請も必要です。

申請方法、さらに詳しい情報については お問い合わせください。