ポストグラデュエート
就労ビザ

ポストグラデュエート就労ビザとはカナダの公立、または特定の大学、専門学校、短大を卒業した留学生が取得することのできる就労ビザです。ポストグラデュエート就労ビザの期間は大学で勉強したプログラムの期間によって決まります。最長3年間のビザが下りるため、留学生の多くはこのビザを取得後、働きながら永住権の申請をしています。

ポストグラデュエート就労ビザの申請条件:

  • 大学にフルタイムで通っていたこと
  • 公立、または政府からポストグラデュエート就労ビザが認められている私立大学、専門学校、短大のプログラムを卒業すること
  • 専攻したプログラムが8カ月以上であること
  • 卒業から180日以内に申請すること
  • Degree, Diploma,Certificateのどれかの取得が決定していること
  • そしてポストグラデュエート就労ビザを申請する際、有効な学生ビザを持っていること

続きはカナダ移民局のウェブサイト(英語)へ移動します。

ポストグラデュエート就労ビザの期間:

  • 8カ月以上2年未満のプログラム(Certificateプログラム等)に通っていた場合→通っていた期間と同じ期間のビザが下ります。(例:9カ月大学に在学していた場合、9カ月のビザが下ります。)
  • 2年以上のプログラム(DegreeやDiplomaプログラム)に通っていた場合→3年間のビザが下ります。

続きはカナダ移民局のウェブサイト(英語)へ移動します。

申請方法、さらに詳しい情報についてはお問い合わせください。