カナダ移民したい人、増えています!!

留学カウンセラーを長年していると、その時々の流行りのキーワードが見えてきます。最近は、”移民・永住権” を目指す方が特に多い傾向です。

もちろん今までも、移民を目指す方は多かったのですが、最近は移民を目指す方にちょっとした変化が見られます。

それは、今まで移民を目指す方は、とにかく日本の悪口を言う人が多かった・・・日本はダメだから、日本には未来がないから、そんな言葉をよく聞いていました。

でもここ数年、移民を目指す方は、日本の良さを理解した上で、より良い環境を求めて、子供の教育のために、多様性を認める社会で生活したくて移民したいとおっしゃる方が多くなったのです。

 

実は、この気持ちの違いが、移民して10年後の未来を大きく左右します。

日本の悪口を言って海外に出た方は、出た先の悪口を言って不満を持ち、日本に帰国する率が高く、日本の良さを知った上で移民した方は、10年後もカナダに残り生活していたり、日本に帰国してもそれはカナダの生活に満足したから、再度日本で頑張ろうと思ったという理由で帰国しています。

留学=生活ですから、自分で満足のいくように仕向けなかれば、満足のいく結果は得られない、これは留学以外にも言えることですね。



移民を目指すときの注意点

① 移民のための正確な情報を得る

よくネット情報を元に簡単な方法(ワーキングホリデーでウエイターをしていて、移民ができた等)で移民を希望する方がいますが、そのような話は宝くじに当たるような確立であるかないかです(笑)

そして、その人、個人の情報でしかありません。

まずは一般的な移民の情報を正しく理解しましょう。法律は変更になることが多いので、その時の一番新しい新鮮な情報を調べましょう。

 

② 移民の仕方が自分に合っているかを精査する

移民がしやすいと聞いたから、全く興味がないけれどプログラマーになる、しやすいと聞いたからとりあえず介護や看護師を目指す。

これは移民をすることが目的になっています。移民をしたから目的達成ではなく、移民として生活を成り立たせられなければ、意味がありません。

何度も言いますが、留学・移民=生活なのです。移民の方法は多岐に渡っていますので自分に合った方法を調べ、その中から一番早い方法を選ぶようにしましょう。

③ 移民するまでにしっかりと準備期間を設ける

思い立ったら即行動!!はある意味とても大切ですが、留学も移民もすることがゴールではありません、してからがスタートです。

日本での生活と同じように、カナダで生活することのメリット・デメリットを理解し、それを乗り越えられそうかを考え、充分な費用は用意できるかを計算し、日本でできる限り英語力を伸ばしてから出発しましょう。

 

留学にご興味がある方、迷っているけれど色々聞いてみたい方は、下記のお問い合わせフォームからお知らせください。また、最新情報やお得情報は公式LINEで配信中です。

LINEで問い合わせる
問い合わせる

お問い合わせ

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、japan@fsscanada.com 宛にお問い合わせください

    関連記事

    カテゴリー検索:

    Categories

    キーワード検索:

    人気の記事

    LINEで問い合わせる
    問い合わせる