Farmers Market / ファーマーズ・マーケット

【ファーマーズ・マーケットとは】

グレーター・バンクーバーの各地では毎年夏になるとファーマーズ・マーケットと呼ばれる青空市が開催されます。日本でいう「蚤の市」のようなものです。期間はおおむね6月から10月。ファーマーズと言いつつも農作物だけでなく海産物やパン、パスタソースといった食べ物から手作り石鹸やアロマ、食器など様々な商品が出品されます。

会場は大小さまざまな公園や公共の広場などに設置され、各会場の開催曜日と時間がそれぞれ決まっています。

どの会場も開始から30分は高齢者や障碍者(と付き添いの方)のみ入場できる設定になっています。誰もに優しい、とても良いシステムだと思います。優先的に入場した方たちは、もちろん30分を超えてそのまま残ってもいいし、一般の時間帯に入場しても構いません。

 

【Trout Lake Farmers Market】

私にとってはカナダに来て初めてのファーマーズ・マーケット体験です。Trout Lake / トラウト・レイクという公園で開催されているファーマーズ・マーケットに行ってみました。

初めて見る野菜などが沢山あってとても面白かったです。少しご紹介しましょう。

これ、何かご存知ですか?

赤いセロリかと思ったら「ルバーブ」という酸味が強い野菜だそうです。お店の方に聞いてみたところ、焼いて砂糖をかけて食べる人も多いとか。バンクーバー在住日本人の間では煮詰めると「練り梅」になると話題になっていました。

 

その奥の黄色いズッキーニも実は初めて見ました。

 

果物の種類も豊富です。

バンクーバーではスーパーに並ぶ果物の種類がとても豊富で価格もお手頃です。果物大好きなのでこちらに来てから夕食後には必ず旬の果物を食べています。

 

なんと日本の製造方法に則って麹を使った Made in Vancouver のお醤油もありました。味見をしたところ、まさに日本の醤油で、大瓶(ウイスキーボトル程度)のものは空になったボトルを持っていけば中身だけ詰め替えしてくれるそうです。生活にSDGsありですね。

現時点では観光旅行で日本からバンクーバーに来ることは出来ませんが、留学やワーキングホリデーでバンクーバーに渡航準備されている方、あるいは観光旅行が解禁になったらいの一番にバンクーバーへ!と思っておられる方へ様々な情報をお知らせしていきたいと思います。

留学やこちらでの生活についてのご質問などは下記のお問い合わせフォームへどうぞ!

LINEで問い合わせる
問い合わせる

お問い合わせ

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、japan@fsscanada.com 宛にお問い合わせください

    関連記事

    カテゴリー検索:

    Categories

    キーワード検索:

    人気の記事

    LINEで問い合わせる
    問い合わせる