カナダ大学進学 必須科目はこの3つ

カナダの大学進学には受験がない事は先週のブログでもお伝えしました。受験がなくても英語は必要ですから、大学進学を希望する方は英語を一生懸命勉強しているのですが、実はあと2科目頑張って欲しい科目があります。それは、数学と国語です。それはなぜか・・・

 

【数学必須の理由】

日本の感覚だと、留学=英語=文系と思いがちなので、数学が必要というイメージはないかもしれません。日本の高校で、私立文系を選択した場合、高校1年生(数Ⅰ)までしか数学を履修していない方も多いです。でもカナダの大学に行くなら数Ⅱまで必須なことも多いのです。例えば経営や経済学部は文系ですが、数学が必須な学部です。考えてみてください、経営は事業計画から利益、損益などを算出しますし、経済は経済指数などの分析を行ったり、統計を出します、これらには数学が必要なのです。今高校生の方が、将来海外の大学に行きたいと思うのであれば数Ⅱまで履修することをお勧めします。もし数Ⅰまでしかやっていないなら、カナダで履修し直すことも可能ですが、苦手な科目を英語で履修し直すなら、日本で履修しておいた方が楽かもしれません。



【国語必須の理由】

正直国語(日本語)は留学中になくては困る事はありません。留学中に日本人の友達はできますが、日本語を勉強しないと会話ができないという事は無いですね。ではなぜ必須なのかというと、留学すると英語力が伸びる代わりに、日本語力は留学前の段階で止まってしまうからです。将来ずっとカナダに住む事を希望していていも、英語プラス日本語ができることを武器にして働く事もありますし、いずれ帰国して就職する選択肢が少しでもあるなら、日本語に触れられるうちにしっかりと学びを深めておくことが大切です。特に文章を読む、書くには慣れておいてください。カナダでは英語で文章を読む、書くことが求められます。日本語で読めない書けないを英語でやるのは至難の業です。

 

【英語必須の理由】

これは当たり前だよと思うかもしれませんが、よく勘違いしがちなのが、留学したい理由に『英語を話せるようになりたいから』というのが挙げられます。では、カナダの大学で英語を学ぶのでしょうか?答えば ”NO” です。カナダの大学では英語=国語として必須ではありますが、英語を学ぶというより、英語で例えば経済学、法学、国際関係学、環境学などを学ぶのです。つまり英語ができる前提で大学に進学します。もちろん、大学進学の前に英語を学ぶ語学留学をつける方がほとんどではありますが、『英語を学ぶ』と『英語で学ぶ』の違いを意識してください。

 

よって、カナダの大学には受験がないからと英語ばかりを頑張るのではなく、英語、国語、数学は日本でしっかりと学んでおきましょう。

 

6月27日(日)10時〜11時『カナダの専門・短大・大学進学セミナー』を開催致します、ご参加希望の方、留学にご興味がある方、迷っているけれど色々聞いてみたい方は、下記のお問い合わせフォームからお知らせください。また、最新情報やお得情報は公式LINEで配信中です。

LINEで問い合わせる
問い合わせる

お問い合わせ

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、japan@fsscanada.com 宛にお問い合わせください

    関連記事

    カテゴリー検索:

    Categories

    キーワード検索:

    人気の記事

    LINEで問い合わせる
    問い合わせる